.

自動車を手放す際、さらに愛車の買取の際もどちらも印鑑証明が必要です。それではこの印鑑証明に関して解説しましょう。印鑑証明という書類はある印鑑が実印として認められているということを証明するための公式な書類です。印鑑証明がない場合にはその印鑑に関して実印であるかどうかが実証できません。決して小さくない取引になる車の売却なので必然的に実印が必要になることになりますがそれと同時に印鑑証明という書類が登場します。印鑑証明書をつくるためには、事前に印鑑証明の手続きをしなければなりません。書類に登録するはんこは実印と呼ばれていて、世界で唯一の判子である必要があります。印鑑を手配して、最寄の市町村役場の取次ぎ所に行くことで印鑑登録できます。手続きが終わると印鑑登録カードなるものが交付され、その判子は実印ということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうには、市町村役場の担当部署で、専用の用紙に必要事項を埋めて印鑑登録カードを出すだけで大丈夫です。そして自動交付機を使って印鑑証明を交付する事が可能です。印鑑証明そのものには期限切れなどはありません。ですので、いつ取得した印鑑証明であっても効力は続くということになります。ただ自動車買取時には、必要になるのは三ヶ月以内に発行された書類でなければなりません。ほとんどの場合有効期限を気にする必要はありませんが、車両の売却の際には相手側が有効期限を定めていますのでもしも愛車の買い取りを検討しているならはじめに持っておく必要があります。