.

車を持っている方は承知しているものですが、自動車税なるものが徴収されます。それでこの税金は査定に出す車の売却時に戻ってくるお金なのです。実際、やると簡単に理解できますが、最初から順に詳細に説明しましょう。記載するならば国産の車のみが対象ではなく外国の車などでも還ってくる対象に決まってます。当然ですがクルマもそうですね。車を持っている人が払わなければいけない税金ですがクルマの排気量の大小毎に規定されています。1リッターより低いのであれば29500円1リッターから1.5リッターの場合34500円になります。これ以上は500ccごとに5000円ずつ増加します。そしてこれは4月1日の時点で車を保有している人が来年3月までの金額を支払う義務があります。ということは前払いということですから当然自動車を買取してもらってオーナーでなくなった際には前払いした分の税は還付される事を意味します。自動車税の場合は前払いで今年度のお金を支払うから、その年度内に愛車を手放したときは、入れ替わった所有者が自動車税の納付義務を負うということです。買取先が買取専門業者でしたら売却した際に自分が払いすぎた金額を返還してくれます。まとめると所有権を手放した瞬間以後の税金は、権利が移った所有者が納付義務を負います。あなたが10月の間にクルマを手放したのであれば11月から翌年3月の間までの自動車税は還ってくるのです。それは、前述した通り自動車税という税金は先払いであるという決まりからもわかります。つまり、あなたは買取先に自動車税を返金してもらうということです。業者を介さずに愛車を売却する際に意外にこのことに気付かない方がいますのできちんと確認するようにしなければなりません。自動車税という税金はクルマを売却すると返金されるという事実をあまり知らない人が多い事をいいことにそれを隠す悪徳業者も存在します。自分から税金について話を切り出さなければ自動車税のことには説明しないという場合もよく聞かれます。ですのでクルマの売却をする場合は、税金が戻ってくるのかどうかの確認を怠らないようにしなければなりません。